読み込み中…

中古車を手に入れる場合に考えておく基準とは

状態の良い車を手に入れたい場合は

一般的には車検のタイミングで手放すユーザーが多いため、中古車であっても状態が大きく異なっています。3年落ち、5年落ち、7年落ちといった形で車検落ちの車が多くなっているため、どの程度きれいな車を選びたいのかを確認して購入してください。最もきれいな車としては3年落ちや新古車です。3年落ちは走行距離が短くきれいな状態であることが少なくありません。また、新古車とは、新車であったけれどメーカーがモデルチェンジをしたために中古車として並んでいる車です。新車とほぼ同様の価値がある車ですが、すぐに売れてしまうためあまりお店で展示していないこともあります。新古車か3年落ちであれば走行距離が短く、安心して乗ることができる車です。

人気が高い設備がついているかどうか

人気が高い設備がついているかどうかで購入を検討する人は少なくありません。中古車で人気が高い設備としてはサンルーフや純正のカーナビなどです。しかし、サンルーフを本当に必要としていますか。純正カーナビやバックモニターのような運転をサポートする設備であれば問題ありませんが、サンルーフをはじめとして本当に必要なものなのか、確認したほうがいい設備は多いです。カーナビは後でも付けられますが、サンルーフは本当に必要としているのかどうか、自分だけで車に乗るかどうかをも考えて車を買ったほうがいいでしょう。本当に必要な設備であれば後からつけられるものを選んだほうがお得で満足度が高い場合が多いです。

リーズナブルな価格で取り引きされているのが、ボルボの中古車です。道に迷わないためのカーナビが付属されているものもあります。